【社会】「合憲」「違憲」学者が22日に国会で対決

標準
1 名前:紅茶飲み(゚д゚) ◆MILKTEAwJUd. 紅茶飲み(゜д゜)φ ★:2015/06/20(土) 17:23:05.22 ID:???*.net
安全保障関連法案をめぐり、「合憲」と「違憲」の代表的な憲法学者2人が、
22日の衆院特別委員会で「対決」することが19日、分かった。
合憲派の西修・駒大名誉教授と、今月4日の憲法審査会で違憲と主張した小林節・慶大名誉教授で、
与野党推薦の参考人5人の中に選ばれ、15分ずつ意見陳述する。
法案の憲法解釈をめぐる対立が激しくなる中、合憲VS違憲の学者が国会で対決するのは、
4日の審査会以降、初めてだ。

西氏と、同じく「合憲」の百地章・日大教授はこの日、都内の日本記者クラブで会見。
集団的自衛権は主権国家に認められた固有の権利とした上で、
政府の見解は限定的な行使容認で、憲法違反には当たらないとあらためて主張。
その上で、百地氏は「政府の説明は、細かくてよく分からない。
『木を見て森を見ず』というが、木の説明ばかりしている。
急いで法整備する必要を、もっと積極的に説明すべきだ」と指摘。
合憲派の学者が少ないと指摘された西氏は、
「学説は数ではない。信念を伝えることが大事」と強調した。

6月20日9時55分 紙面から
http://www.nikkansports.com/general/news/1494935.html

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1434788585

続きを読む

From : http://fullbokko.2chblog.jp/archives/44494930.html