【社会】元少年A、仕事を始めても「あいつは酒鬼薔薇らしい」と噂が立ち職を転々

標準
1 名前:かばほ~るφ ★:2015/06/22(月) 10:06:20.95 ID:???*.net
元少年A 仕事を始めても「酒鬼薔薇らしい」と噂立ち職を転々
2015.06.22 07:00

6月11日に発売された元少年Aによる手記『絶歌』(太田出版)。遺族は猛抗議し、世間からは批判が噴出している。
著者として公の立場に身を置くことが、世間の大きな注目や批判を浴び、自らの生活を脅かす危険があることも
当然理解していたはずだ。それなのになぜ今、彼はこの手記を発表したのか。

Aが強硬に手記を出版した理由は、手記の後書きで綴った「精神崩壊の危機感」が大きかったのだろう。
しかし、逮捕から今日までの彼の動向を追うと、それだけではない別の事情も見えてくる。

1998年3月から関東医療少年院に入ったAには、そこで精神科医3人と統括官1人による「育て直し」教育が施された。
これは、精神科医や統括官がそれぞれ父、母、兄などの“模擬家族”を演じ、
文字通りAを「赤ちゃんから育て直す」という徹底した矯正教育だった。

「この手法はAにも功を奏し、一時は母役を演じた女性医師に恋心を抱くまでになりました。破壊衝動と性的快感が
結びついていた事件当時と比べ、徐々に通常の思春期男性の精神状態に近づいて行ったんです」(法務省関係者)

2001年になると被害者遺族への謝罪を口にするようになったというAは、2004年3月、法務省に
「再犯の可能性はない」と判断され、仮退院する。

6年間という異例の長期入院だったが、矯正教育の結果、21才になったAからは、快楽殺人者の面影は消えていた。
しかし、出所後にAを待ち受けていたのは過酷な日々だった。

「更生保護施設に入居し、日雇いの仕事も始めたのですが、どこかで必ず“あいつは酒鬼薔薇らしい”という噂が
立ってしまうんです。

彼は常に、“いつ正体がばれるか”という恐怖と隣り合わせの日常を送っていました。
そのため、不穏な空気を感じるとすぐに仕事を辞め、職を転々としたそうです」(前出・法務省関係者)

2005年1月に保護観察期間が終わり、更生保護施設を出てからもビル清掃や廃品回収など、
日給6000~8000円の仕事で全国各地を漂流する生活に、Aは貧困を極めた。

東京都A市、鹿児島県B市、北海道C市、広島県D市、埼玉県E市、神奈川県F市…。

退院後のAの所在地として、これまで数多の地名が噂されてきた。その全ての地を本誌は訪れたが、
多くは噂の域を出ることはなく、実際にAの所在を確認するまでには至らなかった。

しかし、確かにAの存在を感じさせる地もあった。

「一時、Aは宅配会社で働いていたのですが、そのときは埼玉県E市にいたという話が根強く出ていました。
具体的な宅配会社名も出て、働きぶりも聞こえてきましたからね。

実際、その当時、E市のある小学校では、“Aが近くに住んでいるという情報があり、子供の安全のためにも
法務省に情報開示を呼びかけるべきだ”と、PTAが学校に掛け合うという騒動が起きています」(全国紙記者)

事件から何年経とうとも、世間にとって、Aの存在は、怪物に変わりなかった。
※女性セブン2015年7月2日

NEWSポストセブン http://www.news-postseven.com/archives/20150622_330776.html

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1434935180

続きを読む

From : http://fullbokko.2chblog.jp/archives/44512759.html