【社会】「100歳のお祝いに銀杯を贈るのは税金のムダ」 厚労省の高齢者向け事業に有識者が「抜本的改善が必要」と指摘

標準
1 名前:かばほ~るφ ★:2015/06/24(水) 10:47:08.50 ID:???*.net
「100歳の銀杯、税金のムダ」 厚労省事業、識者指摘
2015年6月23日13時35分

100歳のお祝いに銀杯を贈るのはやめて――。税金の無駄遣いがないか外部の有識者がチェックする
「行政事業レビュー」で22日、厚生労働省の高齢者向け事業に有識者が「抜本的改善が必要」と判断した。

この事業は1963年度に約150人を対象に始めた。
2014年度には約3万人になり、予算額は1人8千円ほどで計2億9800万円に上る。

毎年3月に翌年度の対象者数を見積もるが、死亡などで実際の贈呈数は下回っている。
14年度は3万1500個を準備し、2143個が残った。
裏面にその年の老人の日の年月日を刻印するため、余った分は鋳造し直す必要があるという。

高齢者福祉への国民の理解を深める目的があり、厚労省はこの点で効果的かどうかレビューの対象に選んだ。
だが、大学教授ら有識者からは「この程度の話は省内で責任持って決めて欲しい」
「重要度の低い事業で我々の時間を無駄に使わないで」といった不満が相次ぎ、1人が退席する事態に。
結局、とりやめを進言した。厚労省は「ご意見を真摯(しんし)に受け止め検討するとしか言えない」
としている。(蔭西晴子)

朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASH6Q73VLH6QUTFL00S.html

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1435110428

続きを読む

From : http://fullbokko.2chblog.jp/archives/44534994.html