【社会】フケが出やすくなるNGシャンプー方法 予防のはずが悪化していることも

標準
1 名前:ちゃとら ★:2016/01/12(火) 00:21:01.32 ID:CAP_USER*.net
 フケが気になる冬。特にブラックやネイビー、グレーなどダークな色の洋服を着ることが増えるので、“白いパラパラ”がとくに目立ってしまうものですよね。

フケが気になる、あるいは予防のために、頭皮や髪の毛を洗い過ぎたりしていないでしょうか? 知らずにしていたNG行為が、かえってフケ症を悪化させているかも……!?

■NG1:合わないシャンプーを使っている

顔のスキンケアをする際、乾燥肌orオイリー肌など、自分の肌の状態にあったスキンケア用品を使っていますよね? それと同じように、髪や頭皮にも“脂性タイプ”と“乾燥タイプ”があるそうなんです。

「よく洗っているのにフケが出る」「頭皮にやさしい成分のものなのにフケが出る」といった悩みがある場合、使っているシャンプーがミスマッチを起こしている可能性大。まずは、きちんと自身のタイプを見極めるようにしましょう。

 

■NG2:毎日“湯シャン”

タモリさんや福山雅治さんなどが実践していると言われる“湯シャン”。シャンプーやリンスを使わずにお湯だけで髪の毛を洗う方法のことですが、最近話題だからといって、毎日の“湯シャン”も要注意。

とくに脂性タイプの人は湯シャンだけだと、皮脂を落とし切れずに炎症を起こし、フケがぽろぽろ落ちてくるなんてことも……。

 

■NG3:夜に洗髪した上で“朝シャン”もする

清潔志向の高まりから、夜だけでなく、朝もシャンプーをする方もいらっしゃいますよね。でも、頭皮的には毎日の“朝シャン”もNGです。

1日に朝晩2回シャンプーをすると皮脂が落ち過ぎ、シャンプーやリンスが刺激に。その結果、かゆみや炎症等を引き起こしかねません。脂性タイプの人でも、シャンプーは毎日か1日おきが目安とのことですよ。

 

■NG4:シャンプーやリンスをしっかり洗い流していない

「いい香りを残したい」「リンスやトリートメントの効果をより得たい」からといって、すすぎが甘くなっていないでしょうか? しっかり洗い流していないと、これもまたフケ症の原因となってしまいます。頭皮にシャンプーやリンス等を残さないように、よく洗いましょう。

 

以上、フケ症を招きかねないシャンプー・リンスのNG事項をご紹介しましたが、当てはまるものはありませんでしたか?

適切なヘアケアをしても、かゆみや炎症が治らなかったり、気になるほどのフケが出たりする場合には自己判断せず、早めに皮膚科を受診するようにしてくださいね。ご参考にしてみてください。

http://wooris.jp/archives/summary/181304

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1452525661

続きを読む

From : http://fullbokko.2chblog.jp/archives/46540508.html