【社会】法務省がヘイト法解釈で具体例 対応苦慮の70自治体に提示 「祖国へ帰れ」などのキーワードを例示

標準
1 名前:ひろし ★:2017/02/04(土) 18:19:16.43 ID:CAP_USER9.net
 法務省がヘイトスピーチ対策法の基本的な解釈をまとめ、同法で許されないとした「不当な差別的言動」の具体例を23都道府県の約70自治体に提示したことが4日、同省への取材で分かった。「祖国へ帰れ」などのキーワードを例示。ヘイトスピーチ抑止に取り組む自治体の担当者は「参考になる」と評価している。

 対策法には差別的言動の明確な定義や禁止規定がなく、ヘイトスピーチが多発する川崎市や京都府、大阪市、神戸市、福岡県などが判断基準や具体例を示すよう要望していた。

https://this.kiji.is/200528855354017268?c=39546741839462401

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1486199956

続きを読む

From : http://fullbokko.2chblog.jp/archives/49419449.html