【社会】「赤ずきんちゃんは作り話です」 獣害対策の切り札オオカミ復活案、『オオカミ=恐くて悪い獣』イメージ払拭活動も理解進まず

標準
1 名前:(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/07/05(水) 19:07:33.26 ID:CAP_USER9.net
シカ、イノシシ、サルなどの野生鳥獣による農林業被害が深刻化する中、獣害の抑制や生態系の保護などのため、
日本では絶滅したオオカミを復活させようと真剣に活動する団体がある。
東京農工大の丸山直樹名誉教授(74)が会長を務める「日本オオカミ協会」(本部・静岡県南伊豆町)だ。

全国に13支部があり、約600人の会員がオオカミに対する偏見をなくす啓発活動などを続けている。
「本気で考えているとは思えない」という根強い反対意見があるのも事実だが、
「オオカミを日本に再導入するための具体的な準備を進めていきたい」と丸山会長は意欲的だ。(原田純一)

・そもそもオオカミはなぜ絶滅したのか

・オオカミで生態系を復活 アメリカで成功例

・「人間を襲うのでは」「ハブとマングースにならないか」…根強い反対意見

オオカミの復活には専門家を含めて根強い反対意見があり、丸山会長はそれも認識している。
中でも大きいのが「オオカミは人を襲う」という間違った考えだという。

 「『赤ずきん』など童話のイメージが強くて、一般の人はオオカミは恐くて悪い獣と思い込んでいる。
実際のオオカミは臆病で、人を襲うことはめったにありません」と強調する。

こうした「赤ずきんちゃん症候群」を払拭するため、丸山会長や同会のメンバーらは
講演会活動などで「赤ずきんちゃんは作り話。オオカミは人を襲いません」と繰り返しているが、
「根強い恐怖感をなくすのは難しい」と頭を悩ませる。

(続きや記事はソース元でご覧ください)
http://www.sankei.com/west/news/170607/wst1706070001-n1.html

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499249253

続きを読む

From : http://fullbokko.2chblog.jp/archives/50344844.html