【社会】子どもに「死ぬってどういうこと?」と聞かれたら

標準
1 名前:らむちゃん ★:2017/09/30(土) 19:21:36.60 ID:CAP_USER9.net
2017.9.30 19:00更新
http://www.sankei.com/premium/news/170930/prm1709300018-n1.html

【教えて!goo】子どもに「死ぬってどういうこと?」と聞かれたら
ある日突如として訪れる大切な人との別れ。大人でも呆然としてしまうことだが、そんな時、我が子に「死ぬってどういうこと?」と無邪気に聞かれたら、何と答えればよいのだろうか。

子育ての専門家の意見を聞いてみた。

■「死」を理解できるのは何歳になってから?

 一般社団法人子育てカウンセラー協会、角田智子さんによると、死という概念を理解できるようになるのは6~7歳の頃。

「2~3歳だと死についてはまだ分からないと思いますが、4~5歳になると、『死ぬというのは悲しいことなんだ』というのは周りの様子から感じ取れると思うんですよね。ただ、『いつか会えるのではないか』など、誤解が生じやすい年齢でもあります。それに対して、分からないから話さなかったり、ごまかしたりするのではなく、きちんと話をするのはどの年齢のときでも大切です」(角田さん)

 自分の身近な人やペットとの別れを経験することもあれば、テレビ番組などで死というものに触れる機会もある。では、どのようにして教えたらよいのだろうか?

(全文は配信先で読んでください)

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1506766896

続きを読む

From : http://fullbokko.2chblog.jp/archives/50838516.html