【社会】NHKの31歳女性記者過労死 両親コメント「無念、悲しみ」

標準
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2017/10/05(木) 06:58:27.03 ID:CAP_USER9.net
NHKは4日、2013年7月、NHK首都圏放送センターの佐戸未和(さど・みわ)記者(当時31歳)が都内の自宅でうっ血性心不全で亡くなり、
14年5月に渋谷労働基準監督署から長時間労働による過労死として認定されていたことを、発表した。
労災認定から3年あまり、過労死の事実を公表していなかった。

佐戸さんの両親は4日、NHKを通じてコメントを発表。
「4年経った今でも娘の過労死を現実として受け入れることができません。
志半ばで駆け抜けていった未和の無念さ、悔しさ、遺族の悲しみを決してむだにすることなく、再発防止に全力を尽くしてもらいたい」と無念の思い、悲しみを伝えた。

佐戸さんは05年4月、NHKに入局し、鹿児島放送局勤務。
10年7月、首都圏放送センターに異動し、13年7月24日に都内の自宅で亡くなった。遺体は翌25日、知人が発見した。

首都圏放送センターでは、経済担当を1年、東京都庁担当を2年していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13705034/
2017年10月4日 22時31分 デイリースポーツ

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507154307

続きを読む

From : http://fullbokko.2chblog.jp/archives/50862619.html