【社会】幼女殺害事件の宮崎勤とはいったい何者なのか 篠田博之

標準
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2017/10/11(水) 07:10:18.00 ID:CAP_USER9.net
2008年6月17日の突然の処刑

以下に掲載するのは、月刊『創』2008年8月号に掲載した一文だ。
7月7日発売のその号に連続幼女殺害事件の宮崎勤死刑囚の手記を掲載するため編集作業をしていたさなかの6月17日に、突然、宮崎勤の刑が執行された。
だから『創』のその号は宮崎死刑囚の追悼特集になってしまった。宮崎勤とはいったい何者だったのか。
その問いに答えるのは、実はそう簡単ではない。以下、当時掲載された一文を再録する。

宮崎勤とはいったい何者なのか。
2008年6月17日の処刑によって、その謎は永遠に閉ざされたままとなった。
一方には、彼は全てを計算して精神病を演じていただけだという「詐病説」がある。
他方では、彼は統合失調症に冒されていたという元弁護士らの見方がある。
私は、詐病説は実情を知らない見方だとしか思えないのだが、宮崎勤が精神的に崩壊していたという見方にも同調できない。

例えば、06年に死刑が確定した時期、私は彼の2冊目の著書『夢のなか、いまも』の編集の打ち合わせのために連日のように東京拘置所に通ったのだが、
その当時の彼の関心事は、この本のこと、そして確定後接見交通権が制約されることへの不安だった。
そうした中で、彼が05年12月から頻繁に私に問い合わせてきたのは、06年夏のコミックマーケット(同人誌即売会)がいつどこで開かれるかということだった。
05年12月のコミケについても、彼に頼まれて私はカタログを送っていた。

当時のマスコミ報道は、死刑確定でさすがに宮崎勤も不安を感じているに違いないという思い込みから、
彼があまり眠れないと発言したことを大きく取り上げたりしていたのだが、宮崎本人はそうした報道に強く反発した。
私のもとへは、死刑判決の後も、コミケの締切が近いはずなので急いでほしいといった手紙が彼から届き、マスコミの期待するイメージとのギャップにしばしば驚いた。

コミケはもちろん、オタクという言葉を社会に流通させた宮崎勤にとっては昔からの関心事だったのだが、実は05年頃から、もう少し別なことを彼は考えていたのだった。
コミケのカタログに自分のメッセージを広告として載せたいという願望である。

宮崎勤は自分の事件をきっかけに起き、その後も繰り返されたコミック規制などの動きに関心を示し、規制反対の気持ちを様々な形で文章にしていた。
私の手元にも彼から寄せられた原稿が何本も残されている。そして彼はコミケカタログで自分のメッセージを訴えようとし、私に強く依頼してきたのだ。
その経緯の中で私が関心を持ったのは、宮崎勤がその時考えたアイデアだった。
彼はその広告の中で、直接自分の主張を展開するのではなく、そこに書かれたホームページアドレスに読者を誘導しようとしたのだが、
その先にアクセスするとそこには宮崎勤ではなく、女性の名前で彼の主張が展開されているのであった。
恐らく宮崎勤の名前で「子どもを本当に守るには」といった主張を行っても受け入れてもらえないという理由だったのだろうが、
そこで女性に扮して文章を書くという手法が、ちょうどあの事件の時の「告白文」を思い出させたのだ。
89年、殺害された幼女の自宅などへ送られた告白文では、幼い子どもを事故で失った母親が悲しみのあまり幼女を誘拐したという物語が書かれていた。
これは捜査のかく乱を狙って宮崎勤が書いたものとされているのだが、宮崎本人は2審の公判でそれを自分が書いたかどうか何度も訊かれ、曖昧な答えに終始する。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171010-00010000-tsukuru-soci
10/10(火) 21:45配信

https://amd.c.yimg.jp/im_sigg5IQnmQA2MOTQVTyE89y7Eg—x400-y300-q90-exp3h-pril/amd/20171010-00010000-tsukuru-000-1-view.jpg

宮崎が描いた「犯行現場のもうひとりの自分」

2 名前:砂漠のマスカレード ★:2017/10/11(水) 07:11:13.14 ID:CAP_USER9.net
「もうひとりの自分」は彼にとってどんな存在か

彼は一連の犯罪について、外形的事実は概ね認めていたのだが、細部については曖昧にしたり、殺害時の状況についてもやったことは認めながらも実行したのは
「もうひとりの自分」だという主張をしていた。
そこは宮崎勤を理解するうえで大変重要なポイントなのだが、私には外形的に犯行を認めながら、そこで「もうひとりの自分」を持ち出すのは、
ある意味で自分が罪を犯したことを認めたくないという意識がどこかに残っているためではないかと思う。

小林薫や宅間守の場合は、自分の犯行を語る際にためらいが全くないのだが、宮崎勤はそこが違う。
それがいけないことだという意識、罪の自覚と呼んでもよいような意識が彼の内面には存在し、それがそうさせているのではないか、と思えるのだ。
宮崎の説明の中で、犯行現場に登場する「もうひとりの自分」や「ネズミ人間」は、そうした彼の内面の葛藤が生み出した存在ではないかと思う。

これについては、『創』連載で香山リカさんがこういう解説をしている。

「『自分が自分である』といういわゆる自己同一性がさまざまなレベルで障害される『解離性障害』については、その完成形ともいえる
解離性同一性障害(いわゆる多重人格)が司法の場でしばしば問題になることがある。
鑑定医の意見が分かれたことが話題となった幼女連続殺人事件の宮崎勤死刑囚の精神鑑定書のひとつにも、この診断名が記されていた。
解離性障害は、躁うつ病や統合失調症のような精神疾患、つまり“脳の生物学的な不調”とは違い、基本的にはトラウマに対する心の防御反応として起きる反応性の障害である」
「わかりやすく言うと、トラウマを与えられたとき、人間の心は完全な崩壊という致命的事態を防ぐため、より軽度な障害を起こしてバリアを張ろうとするのだ」
「『こんなひどい目にあったのは私ではなく、別人のナンシーさんだ』と別人格を作り出してトラウマを“他人事”にしようとするのが、解離性同一性障害だ」(07年11月号)
この説明によると、幼女殺害という精神崩壊につながりかねない現実を受け入れられずに精神的なバリアとして「もうひとりの自分」が登場するという理解だが、
私が宮崎と接していてわからないのは、その防御反応が彼の中で無意識に生じるのかそれともある程度意識しながらそうしているのかということだ。
告白文の主である今田勇子や犯行時に現れる「もうひとりの自分」は、宮崎勤にとってはどの程度意識された存在なのか。
宮崎勤が何かを語る際に別人格に仮託するというのは、どの程度意識して行われている行為なのか。

5 名前:砂漠のマスカレード ★:2017/10/11(水) 07:12:14.40 ID:CAP_USER9.net
連続幼女殺害事件の犯行動機は何だったのか

宮崎勤に下された死刑判決は、検察の主張したストーリー、つまりわいせつ目的で幼女を誘拐し、騒がれたので殺害したという筋書きを概ね踏襲した。
また大きく3つに分裂した精神鑑定のうち、責任能力ありというものを採用したのも裁判所の判断だった。
これだけの社会的大事件だから、裁判所としては死刑判決を下すしかないと判断したのだろう。

ただ気になるのは、この事件にはその筋書きでは説明できない部分も多く、それについての考察が放棄されてしまっていることだ。
例えば、宮崎は幼女を殺害した後、解体しているのだが、あの執拗なまでの解体行為や、幼女の骨を食べたり血を飲んだりといった行為は、
わいせつ目的といった単純な理屈にはどうにも収まらない。
またこのストーリーで一番問題なのは、宮崎勤が鑑定などでしばしば強調している祖父の死によって受けた衝撃が全く光をあてられなくなってしまうことだ。

宮崎勤の祖父は88年5月11日早朝、愛犬と散歩の途中、脳卒中で倒れ入院。16日に死亡する。
宮崎は両親が共働きだったためにこの祖父に可愛がられてきており、この出来事に大きなショックを受ける。
親族が遺体を運ぼうとした時に、宮崎勤は突然カバンからテープレコーダーを取り出し、愛犬の声を祖父に聞かせるのである。
それは祖父の目を覚まさせるための行為だったという。
火葬場で祖父が一気に骨になってしまうことも、宮崎勤には衝撃的な体験だった。彼は後に精神鑑定に答えてこう語っている。
「一瞬にしておじいさんがなかった。木の箱に入っていたのに。おじいさんの骸骨見られると思った」
宮崎は、棺桶に入った祖父が一瞬にして存在を失ったことに衝撃を受ける。
「あれーっとなった。今までの考えが180度ひっくり返る思いだった。おじいさんが見えなくなっただけで、姿を隠しているんだと強く思った」(保崎鑑定より)。
宮崎勤は、殺害した幼女の遺体を「肉物体」、白骨化した状態を「骨形態」と表現するのだが、
これは、人間が死ぬと「物体」や「形態」に変わっていくという彼の観念を表した表現だ。
愛する祖父が「人格」から一気に「形態」に変わってしまったことが彼にとっては衝撃的な体験だった。
彼はこの祖父の死をきっかけに「感情がすっぽり抜け落ちた」という。また幻聴を自覚するようになるのもこの頃からだとも述べている。

11 名前:砂漠のマスカレード ★:2017/10/11(水) 07:13:53.02 ID:CAP_USER9.net
独房に現われていた祖父の存在

幼女を殺害し、解体したり血を飲んだりしたことも、おじいさんを甦らせるとか、おじいさんに捧げるためという。
そして実際、彼は逮捕後も独房にしばしばおじいさんが現れると語っている。
不思議なことに、彼は自分を襲おうと何者かが囁きあっているという声については「幻聴」と言うのだが、この祖父再生については幻聴だと認めようとしない。
そもそも彼はその後も祖父が死去したことを認めようとしていないのだ。
『夢のなか』で彼は私の質問にこう答えている。

──おじいさんが亡くなった後からあなたは、おじいさんをよみがえらせようとしていたようですが、死んだ人はどうすればよみがえるのでしょうか。

宮崎 “よみがえる“と”生き返る”とは違う。
おじいさんは実際のところ死んだのか見えなくなったのか分からないのです。
最近、その辺はっきりしてほしいと思うようにもなった。死んだんなら死んだでいい、はっきりしてほしい。
見えなくなったのなら見えなくなったとはっきりしてほしいと思うようにもなった。
実際のところ、おじいさんが見えなくなったのか死んだのかさっぱり判明していないのです。

我々が人間の死について、根源的で具体的な原体験を味わうのは、身近な人の死に直面し、その肉体が焼かれて人格が物体になってしまう瞬間を目撃することによってだと言われるが、
宮崎勤にとってもこの祖父の死は強烈な体験だったようだ。
最初の幼女殺害事件が起こるのは、この祖父の死から3カ月後のことだ。

私はあの幼女殺害事件には、神戸の酒鬼薔薇少年が人間が死ぬことに興味を抱いたように、あるいはその後も「人を殺してみたかった」という動機での殺人が幾つかあったように、
単なる幼女へのわいせつ目的というのでは包摂しきれない要因があったと思う。
もちろんそれが性的欲求や衝動と結びついていることは、酒鬼薔薇少年が児童を殺害しながら性的興奮を覚えていたことからも分かるだろう。

宮崎事件も、あまりに分かりやすい物語にしてしまうと本質を見誤ると思う。
裁判では、そういう難しい問題に踏み込むのを避け、責任能力ありという落としどころに持ち込むために、事件の解明が二の次にされてしまったという思いが拭いきれないのだ。
ちなみに独房に現われるこの宮崎の祖父とは、宮崎勤の幼少期のノスタルジアと重なり、本人言うところの「甘い世界」「自分が自分でいられた時代」の象徴でもある。
では実際それは彼の少年期のどの時代かというと曖昧なのだが、現実に存在した少年時代というより、それは宮崎勤の内面に夢想された郷愁なのかもしれない。
『夢のなか、いまも』の出版に際して彼は独房からわざわざ1枚の写真を送ってきた。
それが彼のイメージする懐かしい少年時代だった。
確かに写真に写った宮崎勤は、表情豊かで、これが同じ人物かと思えるような写真だった

篠田博之

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507673418

続きを読む

From : http://fullbokko.2chblog.jp/archives/50894082.html