韓国マスコミ「PRODUCE48は旭日旗を連想させるAKBとのコラボだから観てはいけない」

標準
1: (pc?) 2018/05/18(金) 09:03:09.88
■韓国芸能界に戦犯旗をめぐり激しい論争(中央日報)
http://japanese.joins.com/article/471/241471.html?servcode=A00
>
> 今月10日に『PRODUCE 48』練習生96人の団体曲『私のもの』の舞台が公開された後
> この放送に対する否定的な反応が大きくなっている。オンライン上には
> 「PRODUCE 48を視聴してはいけない理由」という掲示物が出回っていて
> 一部では「放送の視聴をやめよう」という一種の不買運動が広がっている。
>
> AKB48は2006年12月に靖国神社で戦犯旗を象徴する舞台を公開した。
> 2016年のコンサートでは戦犯旗が入った衣装を着て登場したり
> 1945年に日本軍が米国の真珠湾を攻撃する映像を流したりした。
> 一部のメンバーからは未確認の嫌韓発言に対する疑惑も浮上し、ポータルサイトの
> 「AKB48」「PRODUCE 48」関連の検索語は「右翼」「嫌韓」「戦犯旗」が登場した。
>
> 旭日旗は日本の戦犯旗として、我が国にとっては悲しい歴史を思い出させる旗で
> 日本帝国主義の産物だ。だが、欧州や他の国々がナチスの戦犯旗である
> ハーケンクロイツを禁止したのとは異なり、我が国には旭日旗を禁止する法案がない。
> したがって我が国の歴史を正すために旭日旗の国内使用禁止を提案する」という内容だ。
>
> AKB48を作った秋元康氏との共同制作を発表した昨年の時点で懸念が大きかった論争が
> 放送を翌月に控えて一層大きくなっている状況だ。大衆の指摘が続くなか
> 『PRODUCE 48』がどうこの問題に取り組んでいくのか関心が集まっている。

続きを読む

From : http://blog.livedoor.jp/hktmatomemon/archives/53509008.html