【社会】小中高生自殺、8月下旬ピーク…休み短縮影響か

標準
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/08/19(日) 22:09:37.62 ID:CAP_USER9.net
小中高生の自殺のピークが、9月上旬から8月下旬へと変化していることが、自殺総合対策推進センター(東京)の調査で分かった。

同センターは「9月に入ってからだけでなく、より幅広い期間で対策を考えることが重要だ」としている。

同センターは、2006~15年度に全国で自殺した小中高生ら計3209人の死亡時期を調査した。
その結果、8月下旬が153人で最も多く、9月上旬(122人)、4月中旬(108人)と続いた。

過去の10年ごとの自殺者数では、8月下旬は1986~95年度124人、96~05年度129人。
9月上旬はそれぞれ140人、133人で、これまでは9月上旬がピークだったが、今回初めて逆転した。

小中高生らが自殺するのは、長期休み明けや、学年の変わり目などが多いとされる。
同センターの担当者は「夏休みが短縮され、8月下旬に授業を始める学校が増えているからではないか」と分析している。

http://news.livedoor.com/article/detail/15180551/
2018年8月19日 21時0分 読売新聞

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534684177

続きを読む

From : http://fullbokko.2chblog.jp/archives/52361345.html