【社会】バーベキュー中の隣人刺殺、男に懲役15年判決

標準
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/10/11(木) 07:01:24.12 ID:CAP_USER9.net
昨年5月、自宅の庭でバーベキューをしていた岐阜県瑞浪市の会社員大脇正人さん(当時32歳)を包丁で刺して殺害したなどとして、
殺人と傷害の両罪に問われた隣人の無職野村航史被告(27)の裁判員裁判で、岐阜地裁は10日、懲役15年(求刑・懲役25年)の判決を言い渡した。

菅原暁裁判長は「危険性は高く、殺意も相応に強いが、事件には発達障害の影響もあった」と述べた。

菅原裁判長は「被害者に落ち度がないのは明らかで、無念さは計り知れない」と強調。
一方で、野村被告には発達障害の影響で聴覚過敏の症状があり、大脇さんの子供の声などに耐えられず、包丁で脅して声を止めようとしたとし、
「包丁を持ち出した行為には障害の影響があり、非難の程度を減ずるものとして考慮する必要がある」と述べた。

判決によると、野村被告は昨年5月7日、大脇さん方付近の路上で、大脇さんの下腹部を包丁で刺すなどして失血死させ、助けに入った男性にもけがを負わせた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15426523/
2018年10月10日 22時38分 読売新聞

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1539208884

続きを読む

From : http://fullbokko.2chblog.jp/archives/52552832.html