【社会】小学5年生が大学レベルとされる数学検定1級に合格・・・最年少記録を更新

標準
1 名前:ティータイム ★:2018/11/15(木) 17:09:14.91 ID:CAP_USER9.net
日本経済新聞 2018/11/15 10:00 (2018/11/15 10:59更新)

公益財団法人「日本数学検定協会」(東京)は15日、今年10月に実施した実用数学技能検定で、東京都世田谷区の小学5年、高橋洋翔君(11)が、大学程度・一般レベルとされる1級に合格したと発表した。
これまで中2(13)だった最年少の合格記録を塗り替えた。

協会によると、高橋君は5歳から数学検定への合格を目標に学習を始め、2014年に小1(7)で高2程度の2級に、15年には小2(同)で高3程度の準1級に、それぞれ最年少で合格している。

高橋君は数学者になるのが夢といい「これからもその先にある数学を学んで、新しい定理や予想を打ち立てたい」とコメントしている。

1級は記述式で、多変数関数などの解析分野、アルゴリズムの基礎など幅広い分野から出題される。今回の合格率はわずか9.4%だった。

検定は1992年に始まり、幼児向けを含め15段階の級がある。〔共同〕

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37778240V11C18A1CR0000/

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1542269354

続きを読む

From : http://fullbokko.2chblog.jp/archives/52688717.html

HKT48の新企画勝手に考えた

標準
1: 47の素敵な(玉音放送) (9段) 2018/11/15(木) 12:23:39.62
『HKT48新喜劇 指原梨乃座長公演』

・出演メンバー
オーディションで決定(SR配信)

・ゲスト
博多華丸・大吉
寿一実
ケン坊田中
コンバット満
レモンティー
ゴリけん
パラシュート部隊

・制作協力
吉本興業


VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:—-: EXT was configured

続きを読む

From : http://blog.livedoor.jp/hktmatomemon/archives/54441524.html

【質問】周年公演の打ち上げ、配信はあるのだろうか?

標準
952: 47の素敵な(福岡県) (ワッチョイ 8acb-otFY [211.9.86.91]) 2018/11/14(水) 21:49:32.01 ID:xUfyQIJm0
これも楽しそうなんだが 
   
■2次会パーティー 
  22:00開演(チケット発券20:30~21:30) 
  さらに今年は、特別公演の後にもスペシャルな時間をご用意。 
  大人メンバーによる「二次会パーティー」を開催いたします! 
  当日のアフタートークやプレゼント抽選会で、 
  7周年記念日を大切なファンの皆様とともに振り返り、 
  絆を深めさせていただきたく存じます! 

基本1つしか当選せんからこれだけ狙うのもムズいなぁ

続きを読む

From : http://blog.livedoor.jp/hktmatomemon/archives/54441555.html

【正論】 吉田豪 「メンバーも音楽性も変わるグループをずっと好きでいる方が難しい」 反論できる?

標準
1: 47の素敵な(pc?) (2級) 2018/11/15(木) 12:05:59.88
吉田光雄@WORLDJAPAN
前に杉作さんが「昔はモーヲタだったのにモーニング娘。を捨てた」とか叩かれてるときにも思ったんですけど、
メンバーも音楽性も変わり続くけているグループを、ずっと好きで居続ける方が難しいはずなんですよ。
実際、初期のモーヲタイベント関係者でいまでもハロー!現場に通っている人は少数派かと。
https://twitter.com/worldjapan/status/1062881286883164160

VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:—-: EXT was configured
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

続きを読む

From : http://blog.livedoor.jp/hktmatomemon/archives/54441528.html

“イジメ”が『乃木坂46』内で横行!1年以上“無視”を「美談にするなドアホ!」 「乃木坂はもうダメだ‥‥」「AKBのイジメよりマシ」

標準
1: (玉音放送 typeR) 2018/11/14(水) 20:45:06.22
『乃木坂46』の人気メンバー、西野七瀬と秋元真夏の間に発覚した“因縁エピソード”が、ファンの間で物議を醸している。

このエピソードが明かされたのは、11月11日深夜放送のグループ冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京)でのこと。
この日の放送では最新シングルのヒット祈願ロケを行い、本作をもってグループを卒業する西野が思い出の地を巡礼していった。

企画で西野と秋元は『横浜アリーナ』に立ち寄り、2人で一緒に写った「忘れられない」という写真を公開。
ここで2人のエピソードトークが展開されることになり、秋元が学業優先のため、1期生ながらシングル4枚目からの活動となった過去を振り返り始めた。

他のメンバーより出遅れたにもかかわらず、同曲ではいきなり選抜の主要ポジションに抜擢された秋元。
しかし、もともと同ポジションにいた西野は“玉突き人事的”にはじき出される格好となり、これをよく思わなかった西野は、秋元と口を利かなくなったという。

美談扱いの演出にファンが発狂
2人の険悪ムードは1年以上にも及んだが、ここ『横浜アリーナ』での結成2周年記念ライブを機に、
わだかまりが解消。西野が「真夏おかえり、一緒にがんばろう」と発したことで、2人は現在まで続く友好関係を築き上げたのだ。

この騒動を、涙ながらの“感動エピソード”として西野は語ったが、ファンからはすぐに「ただのイジメだろ」との批判が噴出。
また、これを美談として扱っている番組の姿勢も疑問視されることになり、ネット上には、

《美談にしているけど、ほんとのイジメだよ》
《嫉妬で無視して、その仲直りを美談扱いって…》
《西野やファンは美談にしてるが、真夏が大人の対応だっただけ。1年も無視されるなんて許せないよ》
《真夏の性格が仏レベルだから許された話。普通なら耐えきれずに辞めてるかブチギレてる》
《そもそも怒りを真夏にぶつけた西野が元凶。運営が悪いだけで、真夏には一切非がない》

などの意見が上がっている。

当人同士にとっては成長と絆のエピソードでも、秋元のオタクにとっては“永遠に許せない”恨みごとになってしまったようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1570485/

続きを読む

From : http://blog.livedoor.jp/hktmatomemon/archives/54440585.html