「僕らを置き去りにして騒いでいる感じがする」読売テレビの取材を受けたsabu chanさん、お店へのクレームやめてと訴え

標準
1 名前:アルカリ性寝屋川市民 ★:2019/05/15(水) 07:53:22.56 ID:UoeNmVFX9.net
報道番組『かんさい情報ネット ten.』が10日に放送したコーナー「迷ってナンボ!」が批判を受け、読売テレビは13日、公式サイトに「不適切な取材だった」とのコメントを掲載。謝罪するとともに、当面のコーナー休止を発表。同日の放送の冒頭ではアナウンサーだけでなく、報道局長ら出演し、謝罪した。また、コーナーに出演していたお笑いコンビ・藤崎マーケットの2人も14日未明、Twitter上で収録時の状況を説明するとともに謝罪した。

問題となったのは、飲食店の店員に「常連客の性別が分からないので確認してほしい」との依頼を受けた藤崎マーケットの2人が、その常連客に接触。「彼女はいない」という発言を聞き出し、店員に男性であると報告。しかし依頼主らが納得しなかったため、2人は再び常連客の元へ向かい、性別を確認するためとして保険証の提示を求めたり、本人に促され、服の上から胸部を触ったりするなどした。このVTRに対し、コメンテーターとして出演した作家・若一光司氏が激怒。インターネット上にも、若一氏の指摘を支持する声が次々と寄せられた。

個人の性別をネタにした放送に、街では「あまり聞く必要はないかなと思う」「聞けない。失礼だなと思う」という声や、「これ流してもいいですか?みたいなものを(相手に)聞いたと思う、テレビ局も。その人の意思に反してないんだったら別に大丈夫じゃないか」など、様々な意見があがった。

 AbemaTV『AbemaPrime』では、取材を受けた大阪市内のsabu chanさんに自宅で話を聞いた。

■sabu chanさん「自分の方から促していた部分もある」

「まさかこんな大事な騒動になるとは、というのが正直なところ。放送も面白かったなというのが率直な感想で、若一先生が怒り出してから、何かおかしい感じになったなと思った。なんで急に怒り出したのかなというのがまずあったが、確かに、言うことはもっともだなというのもあった。面白かったという視聴者もいるだろうし、本人が良ければそれで済む問題ではないという声もある。難しい問題だなとは思う」。騒動について、sabu chanさんはそう話す。

 また、取材時の雰囲気については「直撃取材だった。あそこにいたら向こうから歩いてきて、なんか面白いことが始まったという感じ。どっちか分からないような人が毎日お店に来たら、そりゃ気になるやろなというのはあったから、そういう流れになるだろうというのもあった。テレビでフルネームを言うのはちょっと…ということで下の名前を名乗るのは断ったが、不愉快な思いなどは一切なかった。逆に胸を触らせたり、保険証を見せたりしたのも、"こうした方が面白くなるかな"と自分の方から促していた部分もある」と証言。

その上で「番組で出てきたお店にクレームが殺到していて、すごく困っているらしい。あのお店にはワンちゃんもかわいがってもらっているし、そういうことは本当にやめてほしい。ネットニュースの文面だけを読んで批判している人も多いと思うし、正直、"こんなに騒ぐようなことなのかな?"と思う。お店の人や僕を置き去りにして騒いでいる感じがする。迷惑している。あの場で若一先生が何も言わなかったとしても、同じように問題になったのか?」と苦言を呈した。

 なお、sabu chanさんは放送後、自身がXジェンダー、アセクシュアルであることを明かしている。Xジェンダーとは、身体的性別に関わらず、性的アイデンティティが男性・女性どちらでもない人のことで、アセクシュアルは「性的に惹きつけられることがない人」のことを指すし、恋愛感情を持つ"非性愛"と"恋愛感情を持たない無性愛"に分類できるとされている。

※長いので続きはソースで
AbemaTIMES 2019.05.14 15:10
https://abematimes.com/posts/7003122

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1557874402

続きを読む

From : http://fullbokko.2chblog.jp/archives/53362235.html